2020日米医療機器イノベーションフォーラム京都、プレイベント開催(2019年11月11日)

2019年11月11日に京都産業会館ホール北室(京都経済センター2階)にて、2020日米医療機器イノベーションフォーラム京都プレイベント「京都医療機器イノベーションセミナー」を開催しました。

本セミナーは、2020年11月に予定している「2020日米医療機器イノベーションフォーラム京都」の開催に向けて、医療機器開発における京都の産業エコシステムの形成をめぐる課題を日米比較によって明らかにするとともに、京都における医療機器開発のエコシステム形成に寄与することを目的としています。

はじめにUS Japan MedTech Frontiers のMr. Jack Moormanからご挨拶いただき、

また、「2020日米医療機器イノベーションフォーラム京都の展望」と題して、当社取締役執行役員の紅林倫太郎がお話させていただきました。

錚々たるゲストの皆様からは、「京都における医療機器イノベーション」および「医療機器イノベーションエコシステムの日米比較と今後の展望」というテーマで、ご登壇いただき、会場から沢山のご質問をいただき、闊達に議論がなされました。

 

―ご登壇いただいたみなさま―

志賀 利一 氏(オムロンヘルスケア株式会社 開発統括本部 本部長付 学術戦略担当 R&Dフェロー 技術専門職 工学博士)

池野 文昭 氏(Medical Director, Experimental Interventional Laboratory, Stanford University)

大下 創 氏(MedVenture Partners株式会社 代表取締役社長)

正林 和也 氏(株式会社Biomedical Solutions 代表取締役社長)

Dr. Aaron L. Berez(M.D., President and CEO of Alembic, LLC)

 

本セミナーが、イノベーションに関する考え方やエコシステムの動向に関して新たな知見を得る機会となり、そこから新たな動きが生まれるきっかけになれば幸いです。

最後に、本フォーラムの開催にあたり、下記の団体・企業からご後援をいただきました。厚く御礼を申し上げます。

京都府、京都市、日本貿易振興機構(JETRO)京都貿易情報センター、 公益財団法人京都産業21、京都大学大学院医学研究科「医学領域」産学連携推進機構、 一般社団法人京都知恵産業創造の森、京都リサーチパーク株式会社、一般社団法人ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク・ジャパン(LINK-J)